景気が回復している時に気をつける事

 一昨年から景気が徐々に回復していて、求人が多くなっても企業は実績の無い転職希望者に関して厳しいです。実は中途採用の求人に関しては、大企業を中心に多くの企業が条件に見合った転職希望者を歓迎する傾向です。景気が回復しても、年齢や仕事の実績などの条件などでは採用を得られない場合が多いです。対処法としては、企業への実績をアピールするためにこれまでの自分の実績を分析しておく事です。

 

企業が求める転職希望者の本音

 企業が求めている転職希望者は実績やキャリアが豊富で、仕事に対して執念などを持ちながらハングリー精神のある人です。20代でも企業に条件のあるキャリアなどを持っていれば企業は歓迎しますが、企業が歓迎しないキャリアを持っていたり、実績に乏しい人は年齢に関わらず企業は求めない傾向です。転職活動の時に企業が求める人材を把握して、求める人材と自分と合っている会社に応募する事が重要です。

 

企業が求める具体的な実績とは

 企業が応募者に対して求めている実績に関して、営業などの契約の件数や部下として抱えた人数などが考慮されます。仕事をしていた職場の人などから、実績などを分析してもらう事も一つの方法です。スキルや実績などがない人は、仕事の中で具体的な実績などをもう一度見つめ直します。雇用形態に関わらず、仕事で効率よく進めたプロジェクトなどの実績をアピールします。