転職先に初めて出勤した時の基本的な心構え

 転職先の会社に転職者が初めて出勤した場合、1週間ぐらいまでは礼儀正しく振舞ったり、大人しく慎みながら行動したり、意欲を持って働きます。転職先の会社に初めて仕事を行う場合、あまり気負わずに自分のスタイルで職場の生活を送っても良いです。入社の初めての日には、身なりやマナーなどを心掛けながら、会社の事を知るために社内を歩いたり、他の社員の仕事の様子などを見ながら勉強する程度の行動を心掛けます。

 

入社した時に自分を覚えてもらう事が基本である

 転職先の会社に入った時、当然ながら仕事に関してはベテランであっても、社内では新人になります。社内での仕事を円滑にする事を考えて、自分の名前を覚えてもらったり、共に働く社員の名前と行動の特徴などを覚える事が優先です。仕事の内容は一気に覚えないで、部署の所在や働いている人などを確認しながら自分を覚えてもらうために挨拶を心掛けます。

 

積極的な行動が人間関係を良くする

 挨拶などの行動を心掛ける事によって、各部署で働いている社員は自然に新人を覚えてもらう傾向です。自分を知ってもらうという積極的な行動で、人間関係の基礎を築いて、仕事をしやすい職場を作って行く事ができます。即戦力があっても、仕事のシステムなどは前職での職場と異なる事が原則なので、社内を歩きながら自分を知ってもらう行動が大切です。