最大の難関である「面接」

 転職活動をするときに、必ず通らなくてはならない難関が面接です。履歴書や職務経歴書も重要ですが、基本的に人事担当者や企業の社長・役員など「人」との会話によって転職の合否は決まってくると言っても過言ではありません。

 

 その分、プレッシャーに感じる転職者の方も多いことでしょう。しかしながら、誰もが必ず受ける面接だからこそ、対策を打つことが大切になってきます。何も用意せずに面接に挑んで成功した方はあまりいないのではないでしょうか。「自分は何も用意しない」と言っている方であっても、当日何かしらのシミュレーションはしているわけで、準備は必ず行われているのです。

 

面接で話すべき事とは?

 では、何を面接で話せばよいのでしょうか。非常にそれはカンタンで自分の人生について、理路整然と言葉が出てくるかどうかが重要です。つまりは、自分がしてきた仕事の内容はもちろんのこと、同僚や上司などの会社の関係者とのコミュニケーションのとり方、そしてこれからの自分の目標やビジョンなどを、ちゃんと言語化しておくことが求められます。これは、仕事をしている内から考えておくことが重要です。転職を始めてからでは少し遅いですから、日ごろから言語化の準備をしておきましょう。